社長挨拶・事業概要
ISOの取り組み
営業案内
各種文例見本無料ダウンロード
ご意見・ご感想フォーム
お問い合わせ

 製版にて制作された製版フィルムから、印刷機に取り付ける印刷版を制作するが『刷版』作業です。
 一般的には、PS版と銀塩式ダイレクト版などがあります。 PS版とは、感光性物質を塗布した製版アルミ板で、製版フィルムを焼き付けて制作します。耐刷限度が高く大量印刷に耐えられるため、幅広い印刷物に使用されている。
 銀塩式ダイレクト版は、製版フィルムを必要としないため、版下から直接版に焼き付ける。そのためコスト的に割安に済み、スピーディーな長所がある反面、PS版と比較して、精度・品質・耐久性に劣るため、小ロットの文字主体の印刷物に限定される。
 なお、いずれも面付け・頁掛けといわれる合理的な手法がある。
 これは版の規格は大きくなるが、一枚の版面に多面に焼き付けることで、印刷枚数・台数を減らし、合理化・コスト削減を目的とした方法です。

※面付けの方法
 (1)多面付の場合(端物)

 (2)頁物の場合


        
刷版基本料金 PS版スタンダードタイプ 
(単位:円/版)
面付け数
B1
A1
B2
A2
B3
A3
1面付け
3,700
(B1)
3,150
(A1)
2,700
(B2)
2,250
(A2)
2,050
(B3)
1,800
(A3)
2面付け
3,800
(B2)
3,350
(A2)
2,850
(B3)
2,400
(A3)
2,150
(B4)
1,900
(A4)
4面付け
4,100
(B3)
3,650
(A3)
3,050
(B4)
2,600
(A4)
2,250
(B5)
2,000
(A5)
8面付け
4,500
(B4)
4,050
(A4)
3,250
(B5)
2,800
(A5)
2,650
(B6)
2,400
(A6)

 

刷版基本料金 ダイレクト銀塩タイプ
(単位:円/版)
面付け数
B2
A2
B3
A3
B4以下
1面付け
2,150
(B2)
1,650
(A2)
1,450
(B3)
1,150
(A3)
900
(B4)
2面付け
2,300
(B3)
1,800
(A3)
1,550
(B4)
1,250
(A4)
950
(B5)
4面付け
2,500
(B4)
2,000
(A4)
1,650
(B5)
1,350
(A5)
1,150
(B6)
8面付け
2,700
(B5)
2,200
(A5)
2,050
(B6)
1,750
(A6)

 


刷版料=刷版基本料×版数×色数